ほど良い食感!白才野菜炒め

佐藤です。
今回は、
「野菜炒めを美味しく作るため
の真の方法」

を伝授します。

フライパンで作れる料理で一番に
思いつくのは「野菜炒め」ではない
でしょうか?

野菜を数種切って、肉を加えて
炒めるだけ。

比較的短時間で調理でき、気楽に
作れますよね。

野菜をたくさん食べたい、簡単な
おかずを作りたい時に「野菜炒め」
は有効な料理になると思います。

ですが、これ作った時にこのような
経験はないでしょうか?

・野菜がベタッとなって歯応えが
ない
・水分がすごく出て、水っぽい味に
なった
・野菜の甘味、旨味があまり感じ
られなかった

これ実は、炒め物の王道と言われる
方法で作ってしまうから・・・

おそらく見たり聞いたりしたことが
あると思います。

”終止『強火』で手早く!”

実はこれ家庭で作る際には向いて
いません。

中華料理屋さんだから、出来る技。

本場中華料理の火力と家庭の火力は
やはり違います。

同じように作っても上手くいかない
わけです。

実は、『弱火』。

野菜は、中途半端な高温で炒めると
水分が出やすくなり、旨味、甘味も
逃げてしまう。

ですから、野菜の歯応えを感じる、
旨味、甘味の強い美味しい
「野菜炒め」は、『弱火』で作る
必要があるのですね。

弱火で炒めることで、水分が必要以上に
出ることがなく、旨味甘味を残すことが
できます。

家庭で作る野菜炒めは「弱火」という
ことです。

これを重要ポイントにして作って
頂きたいのが、

「ほど良い食感!白才野菜炒め」

もやし、にんじん、豚肉など定番の野菜
炒めの材料で作るシンプルな炒め物。

で、キャベツを定番で使うことが多い
ですが、これを「白才」で。

シンプルな野菜炒めですが、

『弱火』の方法で作ると中華屋さんで
食べるような野菜炒めにレベルアップ
します。

私自身も『強火』で作るのが当たり前
と信じていましたが、実は違っていた
のですね。

”弱火”を取り入れてからは、

「野菜いためってこんなに美味し
かったっけ?」

と思えるほどに変化しました。

詳しい作り方は、レシピをご覧下さい!
↓↓↓

【材料】
白才・・・大2枚(200g)
もやし・・・1/2P(100g)
えのき・・・1/5束
豚細切れ肉・・・50g
胡麻油・・・大さじ1/2杯×2

《タレ》
濃口醤油・・・大さじ1杯
酒・・・大さじ1/2杯
片栗粉・・・小さじ1杯

 


1、もやしは流水で洗って水気をよくきっておきます。

 


2、白才は、葉と茎を切り分け、茎は斜めの1cm幅に、
葉は4~5cm角に切ります。

 


3、えのきは、根元を切り落とし、1本ずつに、ばらして
二等分に切ります。

 


4、ニラは4cmの幅で切ります。

 


5、人参は縦二等分にして、少し斜めで薄くスライスします。

 


6、豚細切れ肉は、切れ方が大きい場合は手で小さくちぎって下さい。

 


※人参、白才の茎を先に炒めるので、
写真のように分けておくといいと思います。

 


7、タレの調味料を合わせます。
ボウルに片栗粉、酒を入れて混ぜた後、
醤油を加えてさらに混ぜておきます。

 


8、炒めていきます。(もしあれば中華鍋型のフライパン)フライパンを
強火で30秒熱し、油を入れて全体に広げたら弱火にします。

15秒ほどおいて少しフライパンを冷まし
豚肉を入れて炒めます。
(豚肉を入れる際は、ばらして入れて下さい、固まりで
入れるとなかなかほぐれず熱の通りが均等にならないので)

 


9、豚肉に9割ほど熱が通ったら少~し赤い部分が残っている
程度で火を止め、ボウルなどに取り出します。

 


10、(火はまだつけません)
フライパンに白才、人参を入れて胡麻油大さじ1/2杯を
入れて混ぜます。

全体にしっかり胡麻油を絡めたら、火をつけ、
弱火(やや強い弱火)で炒めていきます。

 


11、2分間隔くらいで混ぜる程度であまり混ぜすぎず、
蒸し焼きのようにしながら熱を通していきます。
(8~10分)

12、白才がある程度軟らかくなったら、
残りの野菜を入れます。

油を絡めるように全体に混ぜます。
弱火のまま、同じように炒めていきます。

 


13、白才の葉がしんなり軟らかくなったら《タレ》をかけます。
(入れる前に混ぜる)

強火にして、全体にタレを絡めるように混ぜます。
タレが絡まり、とろみが付いたら出来上がり!
火を止めます。

 


14、平皿に盛って完成です。

レシピ通りの方法を実践して頂ければ、ベタッとした
野菜炒めではなく、野菜の歯応えを感じる食感のいい
美味しい野菜炒めが作れます。

今、冷蔵庫にある野菜でも応用できます
ので、是非やってみて下さい。

例外もありますが、大方の炒め物
料理は『弱火』と覚えておけばいいと
思います。

0

簡単、あっさり!大根シャキシャキ、 ぶりのワイン漬け丼

お好み焼き風香ばし!れんこん焼き

関連記事

  1. タラとしめじの蓮根かぶせ蒸し 春菊餡かけ

    被せて蒸して餡をかける...たったこれだけ佐藤です。今回の料理は、「心が”ホッ”と休…

  2. 寄せ鍋みたいな!? 蒸篭(せいろ)蒸し

    佐藤です。今回の料理は、「寄せ鍋みたいな?蒸篭蒸し」を伝授します。魚、肉、野…

  3. 洗わない!?挽き肉の金平ごぼう

    ズボラ調理で栄養がしっかり摂れる方法佐藤です。「手間をはぶいて、栄養がしっかり摂れる…

  4. 濃厚ガーリックソースのスペアリブ豚テキ

    どんな肉にも使える極旨濃厚ソースとは?佐藤です。今回は、 「どんな”肉”でも美味しく…

  5. 生姜の効いた具だくさん!けんちん豚汁

    佐藤です。今回は、「冷えた体を温める汁物」を伝授します。強烈な暑さが続いてい…

  6. 中華あじの手間なし切干大根

    佐藤です。師走の月、働く方が忙しいのはもちろん、月末に近づくほど主婦の方もいろんなこと…

  7. 和風出しのあっさり一人モツ鍋

    誰でもできる「割合鍋だし」で作るあっさりモツ鍋!佐藤です。あなたは、私が伝授した簡単にで…

  8. 胡麻マヨネーズの彩色スティックサラダ

    練り胡麻を使う時に最も大事なこと をお伝えします。佐藤です。練り胡麻を料理に使う…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP